パスタの種類と特徴について

たんとたんと

06-6441-2026

〒553-0006 大阪市福島区吉野2-1-8

[営業時間]16:00~24:00 L.O.23:00
(金・土・祝前日は、27:00頃まで営業)
[定休日] 年末年始

パスタの種類と特徴について

コラム

2022/12/08 パスタの種類と特徴について

ランチやディナーで食べるパスタは、形や種類が豊富で見た目にも楽しい料理ですよね。
そんな身近なぱすたですが、どれくらいの種類があるのかご存じでしょうか?
今回は、パスタの種類と特徴についてご紹介いたします。

パスタの種類

ロングパスタ 

ロングパスタとは、約25㎝の長さにカットされた棒状のパスタのことです。
ストレートな口当たりで、ゆで方や品質の微妙な違いにより食感が異なります。
代表的なロングパスタを挙げてみましょう。

・スパゲッティ…直径1.4~1.9㎜前後で円柱状のパスタ
・フィットチーネ・タチアッテレ…幅5~10㎜前後で平めん状のパスタ
・バーミセリー…直径1.0~1.2㎜でごく細めの円柱状のパスタ

ロングパスタを食べる際は、それぞれの形状に合わせて相性の良いソースを選ぶことが大切です。

ショートパスタ

ショートパスタは、短くカットしたパスタです。
棒状・貝殻型・リボン型など、さまざまな形状があります。
サラダやグラタンなど、アレンジしやすさも特徴です。

・マカロニ…円筒状の直径2~5㎜、円周部が約1㎜のパスタ
・ペンネ…両端が斜めにカットされた円筒状のパスタ
・ツイスト…縄状によじれた形状のパスタ
・カール…らせん状によじれた形状のパスタ
・シェル…貝の形をしたパスタ
など

まとめ

パスタの種類は主に「ロングパスタ」と「ショートパスタ」の2つに分けられます。
種類や形状により食感や相性の良いソースなどが異なりますので、ぜひ食べてみてくださいね。
大阪市福島区にある『たんとたんと』では、本格派のイタリアン料理を提供しております。
こだわりのパスタを多数ご用意しておりますので、ぜひご来店ください。

TOP