テーブルナプキンの正しい使い方について

たんとたんと

06-6441-2026

〒553-0006 大阪市福島区吉野2-1-8

[営業時間]16:00~24:00 L.O.23:00
(金・土・祝前日は、27:00頃まで営業)
[定休日] 年末年始

テーブルナプキンの正しい使い方について

コラム

2022/12/01 テーブルナプキンの正しい使い方について

ホテルのレストランなどにある、テーブルナプキンの正しい使い方はご存じでしょうか?
食事のマナーとしてナプキンの使い方を知ると、レストランでスマートに食事ができますよ。
そこで今回は、テーブルナプキンの正しい使い方についてご紹介いたします。

テーブルナプキンとは

テーブルナプキンは、レストランなどテーブルの上に置いてあるナプキンのことです。
食事中のソースなどの汚れを拭ったり、食べ物が落ちて服が汚れるのを防ぐなどさまざな役割があります。

テーブルナプキンの正しい使い方

食事前

レストランで料理の注文後、前菜が運ばれる前にナプキンを手に取って広げます。
ナプキンを使用する際はふたつに折りにし、折り目を手前にして太ももの上に乗せるようにしましょう。

食事中

ソースなどで汚れた口を拭く場合は、ふたつ折りにしてナプキンの内側を利用します。
お手洗いなどで中座する際には、軽くたたんでイスの上に起きましょう。
そうすることで、食事中のサインだと給仕スタッフに伝えることができます。

食後

食事を食べ終わった後のナプキンは、テーブルのデザート皿の右上あたりにおきます。
ナプキンは折りたたまずに、崩れていると「おいしかった」というメッセージになるのです。

まとめ

テーブルナプキンは、食事前・食事中・食後で使い方が異なります。
スマートに食事を行うだけではなく、使い方はマナーの1つなので覚えておくと安心ですよ。
大阪市福島区にある『たんとたんと』では、本格派のイタリアン料理をご提供しております。

TOP